カカオトーク掲示板発展系!声のサービス仲介として考えてみる

カカオトーク掲示板をインターネット上で調べると、かなりの数がヒットすることがわかります。
どの書き込みも、友達や出会いを求めるものが多いのですが、カカオトークアプリ自体の機能を使った通話も結構行われているようです。
こういった通話のサービスで思い出すのは、やはりテレクラ。
このカカオトーク掲示板を使ってテレクラのように利用することだってできるのではないかと思ったのです。
テレクラは、今でもインターネットを主体として、「電話を使った出会い系」「ネット回線で会話を楽しむ新しい出会い系サイト」のような感覚で使用されています。
以前は店舗型が非常に多かったので、「電話で女性を紹介するお店」「電話で女性とコミュニケーションできるお店」という意味合いでしたが、変わってきています。
だったら、カカオトークアプリを使った通話も、利用されているのがわかります。
きっと、今までの出会い系に飽きてしまった人たちには、新しい感覚になれると思いますし、昔テレクラをよく使っていた世代(おそらく40代くらい?)にも新鮮で懐かしい感じになれると思います。

料金を見てみても、カカオトークを利用すれば通話無料。
仲良くなった相手と、いくら通話しても安心です。
これは、テレクラサービスにはもってこいではないですか。
もちろん、カカオトーク掲示板から声の通話に発展させることは、話すと行った行為に不慣れになってしまった人たちにとっては敷居が高いのかもしれません。
テキストを利用した方が楽ですし、面倒なこともありません。
返事を返さなくてもOKだったりします。
でも、メールやカカオトークをテキストのやりとりで使っている時って、最初の挨拶もないし、最後のバイバイもないし、内容も用件だけだし、会話も単語だけだったり、一行くらいだったり、あまりにもそっけないと感じている人は少なくないでしょう。
電話なら、最初にまず「やあ」とか「元気?」などの挨拶があって、そこからちょっとした雑談などがあり、そして本題に入り、なんか会話が横道にそれながらも進んで、そして最後に「またね」「じゃあね」「バイバイ」などの会話があって終わるものです。
コミュニケーションのキャッチボールがすごく会話的に自然ですね。
メールなどの会話に慣れてしまっていると、実際の会話までできなくなってしまわないかどうかちょっと不安になります。

事実、会話のコミュニケーションが上手でない人が増えてしまっているようです。
例えば、会社などでも上司や同僚ときちんとした会話ができない人が増えていると聞きます。
「今日お休みします」といった連絡も電話できずに、メールやFacebookを利用して怒られたことがある、なんて話している人もいます。
ちょっとびっくりですね。
連絡先の交換も、メルアドの交換が一般的で、電話番号の交換はしにくいと聞きます。
特に、女の子のメルアドは聞けても電話番号は聞けないって、ちょっと面白いですよね。
女の子も、メルアドは教えても電話番号は教えないことも多くあって、なんだか時代を感じてしまいます。
こうして考えると、メールは手軽なのです。
簡単で、あんまり気を使わなくてもいいし、会話が途切れると行ったこともありません。
逆に電話は、より親しくならないとできないコミュニケーションになったということでしょう。
それもかなり親しい間柄。
その関係になって、お互いや相手の信頼関係がないと「許してもらえない」ツールになったのかもしれません。

だからこそ、通話を使ったコミュニケーションは、今価値があります。
テキストや掲示板形式の出会い系サイトではなく、よりいっそう女性と親しいコミュニケーションをとるツールになったといえるでしょう。
メールとのやりとりと違って、女性もきっと話しているうちに親密な関係を作れる、というかお互いの理解が早いのではないかと思います。
声を聞くことによって、相手の感情や、思い、そういったものが伝わってきます。
メールでこういった感情表現をするのはとても難しいことです。
ちょっとでもそういった感情を相手に伝えるために、絵文字を使ってみたり、デコメを使ってみたり、ハートマークを入れたりしているわけです。
電話なら、それが声からダイレクトに伝わってきますし、会話の内容もよりリアルでダイレクトになってきます。
会話の醍醐味や、おもしろさを知ってしまうと、きっとメールというのは味気なく感じてしまうのかもしれません。

カカオトーク掲示板が、これからどう理解されて、発展していくかどうかはわかりませんが、これを使っていろいろと「話す」というコミュニケーションに慣れていって欲しいなと思います。
電話で話すという行為がとても意味のある今であればなおさらかもしれません。
カカオトークアプリが、話せなくなってしまった人たちの練習台になるかもしれないですし、仮にそうであったとしても、サービスとしての役割は十分果たせるのではないかと思います。
あくまでも「仮の世界」に過ぎないと考えれば、リアル生活に対しての練習台と考えても良いのかもしれません。
カカオトーク掲示板も、そういった展開の方法をしても楽しいかもしれません。
なにも出会い系としての状態を続けなくても、異なったアプローチがあると面白いかもしれないですね。
せっかく通話機能がついているのですから、こういった別の角度から考えてみても面白いかもしれません。